歯科関係者の方へ

Journal Club


「科学的根拠に基づいた治療を実践するために」


論文抄読を柱に、質の高い歯科医療を目指す「ジャーナルクラブ」
中原達郎 (千葉県開業、Journal Club代表)



Journal Clubとは

去る2012年7月15日、ジャーナルクラブ15周年記念講演会が東京で開催された。

ジャーナルクラブは、スウェーデンのイエテボリボリ大学にてJ.Lindhe教授に師事し、
直々に歯周病学を学ばれて帰国された弘岡秀明先生(東京都開業)が、
ご自身が経験された日本とはまったく異なる教育観をもって
歯周病学コースを開かれたことに始まる。

コースでは年間400本を超える論文を解説し、
それら理論的背景に基づき行われた症例が多数披露され、
理論と実践とが見事に共存していることを示すという斬新なスタイルで、
現在も多くの受講生に刺激を与え続けている。

本会は、コース卒業後も継続的に学習を続けたいという意欲ある有志の声に応える形で、
1997年に結成された。



海外留学への道

本会ではスウェーデンをはじめとする海外からも積極的に講師を招聘している。

これまでもB.Rosling、E.Westfelt(歯周病)、PO.Grantz(補綴)I.Ericsson、
F.Renouard(インプラント)、G.Bergenholtz(歯内療法)、といった著明な先生方が、
我々のために特別な講義をして下さった。

そして今年は弘岡先生の大学院の同級生であるG.Serino先生に、
インプラント周囲炎という最も旬なテーマを、
ご自身の研究を含む多数のレビューと臨床をもってご講演いただくことができた。

講演後弘岡先生の東北大学大学院臨床教授就任記念パーティーも併せて催されたが、
ここでもSerino先生、弘岡先生を交えて多くの質問が飛び交う有意義な懇親会となった。

現在本会からは、イエテボリ大学大学院に2名、
Serino先生が勤務するスウェーデンのスペシャリストクリニックに
1名が留学して研鑽を積んでいる。
また、EuroperioやEAOといった海外の学会にも日本から参加する会員も多い。

このように、論文に親しむことにより
次第に海外に目を向けるようになれることも本会の特徴といえよう。



活動内容

例会は年6回、昨年度から引き続き今年度も古典的な歯周病関連論文を1編、
最新のインプラント論文を1編の抄読、会員による症例発表1例、
弘岡先生の症例発表および講義という内容で行われており、
抄読では単に論文の上っ面のみを読むのではなく、
研究の背景を含め深く掘り下げるような読み方を学ぶことができる。

欧米の大学では、論文に対する活発なディスカッションを重ねることで考える力が養われているが、
本会でもこのスタイルをそのまま踏襲している。

会員は皆、志を高く持った開業医または勤務医であり、
日々の忙しさの合間をぬって論文を読むということには努力と強い意志を要する。

しかし、それを続けることで「なぜ学ばなければいけないか」を強く意識するようになり、
そのモチベーションが自身の臨床を大きく成長させるであろうことに疑う余地はない。

例会には会員外の参加も大歓迎である。
エビデンスに基づく治療に興味を持たれた方がいらしたならば、ぜひ連絡をいただきたい。



論文解説

Locally delivered doxycycline as an adjunct to mechanical debridement at retreatment of periodontal pockets.
Cristiano Tomasi, Theofilos Koutouzis, Jan L.Wennstrom. J Periodontal 79(3), 2008;431-439


担当:富山県開業 羽岡 克規 先生
2017年7月13日

再SRP時行う抗菌薬の局所応用の効果




Adjunctive Systemic and Local Antimicrobial Therapy in the Surgical Treatment of Peri-implantitis. A Randomized Controlled Clinical Trial
O. Carcuac et al. J Dent Res. 2016;Vol.95(1)50-57


担当:群馬県開業 瀬下 卓哉 先生
2017年5月25日

インプラント周囲炎の外科的治療における抗菌薬の効果




Treatmentof periodontal disease in older adults.
Stefan Renvert & G. Rutger Persson, Periodontology 2000,Vol.72, 2016, 108-119


担当:富山県勤務 綱島 達也 先生
2017年3月16日

高齢者の歯周治療




Effectiveness of enamel matric derivation on the clinical and microbiological outcomes following surgical regenerative treatment of peri-implantitis. A randomized controlled trial
IsehedC, HolmluntA, et al. J ClinPeriodontol. 2016; 43: 863-873


担当:神奈川県勤務 太田 信介 先生
2017年1月19日

インプラント周囲炎の外科的治療に対するエムドゲインの効果




Two multi-center studies evaluating locally delivered doxycycline hyclate, placebo control, oral hygiene, and scaling and root planing in the treatment of periodontitis.
Garrett, Johnson, Drisko, et al. J Periodontol. 1999 May; 70(5): 490-503


担当:東京都勤務 杉山 修平 先生
2017年1月19日

ドキシサイクリンの局所投与




Amoxicillin and Metronidazole as an Adjunct to Full-Mouth Scaling and Root Planing of Chronic Periodontitis.
Norbert Cionca, Catherine Giannopoulou, Giovanni Ugolotti, and Andrea Mombelli et al. J Periodintal 2009;80:364-371


担当:富山県開業 藤田 洋一郎 先生
2016年11月17日

メトロニダゾールとアモキシリンの併用治療




Orthodontic movement in bone defects augmented with Bio-Oss. An experimental study in dogs.
M.G.Araujo et al. J Clin Periodontal 2001;28:73-80


担当:東京都開業 藤澤 將人 先生
2016年11月17日

Bio-ossで補填した大きな骨欠損部への歯牙移動




Bone reactions at implants subjected to experimental peri-implantitis and static load. A study in the dog.
Gotfredsen K et al. JCP2002


担当:群馬県開業 瀬下 卓哉 先生
2016年3月10日

矯正力は炎症を伴うインプラトに骨吸収生じるのか?




Anti-infective treatment of peri-implant mucositis: a randomised controlled clinical trial.
Lisa J. A.Heiz-Mayfield et al. 2011; 22: 237-241


担当:宮城県開業 飯島 進吾 先生
2013年7月25日

インプラント周囲粘膜炎への非外科処置の有効性




The capacity of reduced periodontal tissues to support fixed bridgework.
Sture Nyman, Ingver Ericsson. J Clin Periodontal 1982;9:409-414


担当:東京都勤務 菅原 孝 先生
2013年5月23日

減少した歯周組織のブリッジ支持能力




Reversibility of experimental peri-implant mucositis compared with experimental gingivitis in humans.
Giovanni E. Salvi et al. Clin. Oral Impl. Res. 23, 2012 / 182-190


担当:福岡県開業 三浦 弘喜 先生
2013年5月23日

実験的に起こしたインプラント粘膜炎と歯肉炎の治癒の比較




Long-term prognosis of extensive polyunit cantilevered fixed partial dentures.
Lars Laurell et al. J Prosthet Dent. 1991; 66: 545-552


担当:富山県開業 羽岡 克規 先生
2013年4月4日

複数歯のカンチレバーを含むブリッジの長期安定性について




Experimentally induced peri-implant mucositis A clinical sutudy in humans.
R.pontoriero, M.P.Tonetti, G.carnevale, A.M.monbelli,S.R.Nyman,N.P.Lang
Clinical oral implants research 1994:5: 254-259


担当:静岡県開業 加藤 宏明 先生
2013年4月4日

実験的に誘発したインプラント周囲粘膜炎のヒトにおける臨床研究




Endodontic complications following periodontal and prosthetic treatment of patients with advancedperiodontal disease.
Bergenholtz G, Nyman S. J Periodontol. 1984 Feb;55(2):63-8.


担当:茨城県開業 吉田 敏男 先生
2013年1月31日

重度の歯周病の歯周および補綴治療後の歯内合併症




Topical minocycline microspheres versus topical chlorhexidine gel as an adjunct to mechanicaldebridement of incipient peri-implant infections: a randomized clinical trial.
Renvert S, Lessem J, Dahlen G, Lindahl C, Svensson M. in Periodontol. 2006 May;33(5):362-9.


担当:武蔵野市開業 高橋 周一 先生
2013年1月31日

初期インプラント周囲病変における機械的清掃の併用使用としての
局所ミノサイクリンとクロルヘキシジンの効果の比較




Treatment of peri-implantitis using an Er:YAG laser or an air-abrasive device: a randomized clinical trial.
Renvert S, Lindahl C, Roos Jansa ?ker A-M, Persson GR. J Clin Periodontol 2011; 38: 65?73. doi: 10.1111/j.1600-051X.2010.01646.x


担当:栃木県日光市開業 沼尾 明弘 先生
2012年11月15日

インプラント周囲炎の非外科治療




Long-term follow-up of cross-arch fixed partial dentures in patients with advanced periodontal destruction.Evaluation of the supporting tissues.
Yi SW et al. Acta Odontl Scand.1995


担当:東京都千代田区開業 小島 武郎 先生
2012年11月15日

クロスアーチブリッジの成功の鍵




次回日程

次回日程はこちら


RSS-List

患者様、コース受講生、歯科医療関係者への最新情報。 スウェーデン留学中のスタッフ3名によるヨーロッパ歯科最新情報もお伝えします。


今年5月に引き続き、フィンランドのLMインスツルメンツ社の副社長、Mika Sandeさんがスウェー...
10月28, 29日の2日間にわたり弘岡先生と古賀先生の著書「歯周病患者のインプラント治療」出版記念...
10月28, 29日の2日間にわたり弘岡先生と古賀先生の著書「歯周病患者のインプラント治療」出版記念...

ご挨拶、スタッフ紹介

弘岡 秀明 歯周病学コース

Journal Club

受付時間
03-3503-4188 info@swedentc.com
地図・アクセス